交通事故で追突された場合の弁護士の選び方

後方から自動車に追突される交通事故被害に
見舞われた場合は、弁護士に相談し、事故の経緯を
正しく打ち明けましょう。

被害者

過失の割合が仮に五分五分だったとしても、
弁護士に相談した方が交渉を有利に進められます。

また後方から一方的に追突された場合であれば、
通院や治療に掛かる費用を堂々と請求出来ますので、
強力な味方である弁護士に相談した上で
正当な賠償金を相手に求めましょう。

そして弁護士の選び方ですが、総合的な法律相談を
請け負う事務所よりも、交通事故解決に特化している
専業的な事務所に駆け込んだほうが対応が丁寧です。

費用を請求

専業的な事務所であればノウハウと経験が蓄積されて
いますので、交通事故の経緯を説明するだけで、
短時間で正しい賠償金や相手との交渉戦略を
割り出してくれます。

ネット経由で交通事故の被害相談か出来る事務所HPも
ありますので、いくつかの事務所に相談し、もっとも
反応が良かったところに本依頼をすればよいでしょう。