交通事故で追突された場合の弁護士の選び方

後方から自動車に追突される交通事故被害に
見舞われた場合は、弁護士に相談し、事故の経緯を
正しく打ち明けましょう。

過失の割合が仮に五分五分だったとしても、
弁護士に相談した方が交渉を有利に進められます。

また後方から一方的に追突された場合であれば、
通院や治療に掛かる費用を堂々と請求出来ますので、
強力な味方である弁護士に相談した上で
正当な賠償金を相手に求めましょう。

交通事故被害に遭っても不利にならないために知っておきたい知識

交通事故被害に遭っても不利にならないためには
知識を持っている必要があります。

警察が来てくれるから大丈夫ではなく、警察は
示談交渉をしてはくれません。

警察は実況見分や取り調べを行って、加害者を
刑事裁判にかけるかかけないかを判断するだけです。

まず、被害に遭った場合は必ず人身事故として
届け出を出してください。

事故には物損と人身がありますが、怪我をした際には
人身として提出することが大事です。

物損で出した場合は警察は実況見分を行わずに、
物件事故報告書だけを出して終わってしまいます。

実況見分調書がないと示談交渉は難しくなるので
必ず人身として出しましょう。

調書があれば有用にその調書をもとに活用することが
出来るので、スムーズに交渉に入ることが可能です。

そして、怪我をした時にはすぐに病院へ行ってください。

加害者の保険会社と連絡を取ってから病院へ行くのが
望ましいですが、取れない場合でもすぐに行くように
することが大事です。

遅くなればなるほど、本当にその怪我は事故で負ったものなのかが分からなくなり、治療費を出してもらえない場合もあるのです。

スムーズに示談交渉をするためには、警察の
実況見分が必ず必要となるので、人身被害で
届け出を出すようにしてください。

頼れる弁護士を見つけるためには

そして弁護士の選び方ですが、総合的な法律相談を
請け負う事務所よりも、交通事故解決に特化している
専業的な事務所に駆け込んだほうが対応が丁寧です。


専業的な事務所であればノウハウと経験が蓄積されて
いますので、交通事故の経緯を説明するだけで、
短時間で正しい賠償金や相手との交渉戦略を
割り出してくれます。

ネット経由で交通事故の被害相談か出来る事務所HPも
ありますので、いくつかの事務所に相談し、もっとも
反応が良かったところに本依頼をすればよいでしょう。